TEL:0258-47-1223

長岡市のプロ専業家庭教師 家庭教師プロフェッショナル

「心配」よりも「信頼」が大事

こんにちは。
長岡市のプロ家庭教師、棚橋です。

前回お話した「子供の成績を左右するもの」というテーマの中で「セルフイメージ」というものを紹介しました。

改めて「セルフイメージ」について説明すると、「セルフイメージ」というのは「自分で自分のことをどう思っているか?」という「イメージ」のことです。

この「自分で自分のことをどう思っているか?」が子供の成績に大きな影響を与えている、といった話をしました。

自分で自分のことを「ぼくは勉強が得意だ」と思っている子(セルフイメージが高い子)と、
自分で自分のことを「ぼくは勉強が苦手だ」と思っている子(セルフイメージが低い子)とでは
テストの結果に対する反応が異なります。

例えば、一生懸命勉強したにも関わらず、結果的に「悪い点数」をとってしまったとします。

セルフイメージが高い子は自分の期待や予想と結果にギャップがあるため、「おかしい」とか「くやしい」という反応になります。

人は自分の「期待や予想」と「現実」とのギャップを埋めていこうとするものなので、「期待や予想」が「現実」よりも上の方が悔しい思いをすることはあっても、常に向上していくことができます。

逆に、セルフイメージが低い子はもともとの期待や予想が低いため、悪い点数を取っても、
「やっぱりね」とか「ぼくなんて頑張ってもこんなもの」
という反応になります。

それが積み重なると「勉強に対するあきらめ」につながっていきます。

ですから、私たちプロの家庭教師は「子供の成績」だけでなく、「子供のセルフイメージ」が上がるサポートも普段から意識しています。

今回はそんなセルフイメージが上がるサポートの中から特に大切な接し方を一つ紹介したいと思います。

それは 「心配」よりも「信頼」をするということです。

子供に対して心配よりも信頼をすることが子供のセルフイメージを上げることにつながります。

もちろんこれは子供に限ったことではなく、私たち大人にもあてはまります。

職場で上司から「心配される」のと、「信頼される」のではどちらが自分の自信につながるか?
と考えれば明らかですよね。

人はどういうときに相手を「心配する」のかといえば、相手に対する「期待や評価が低いとき」です。

「赤点をとってしまうんじゃないか」
「中学校に入ったら学校の授業についていけないんじゃないか」

このような「心配」をし続けていると子供に「期待や評価が低いこと」が伝わってしまい、だんだん子供のセルフイメージが下がっていきます。

逆に、人はどういうときに相手を「信頼する」のかといえば、それは相手に対する「期待や評価が高いとき」です。

『本当はやればできる子』

『その気になればしっかり努力ができる子』

普段からこのような信頼を持って接することが子供のセルフイメージアップにつながっていきます。

「心配」よりも「信頼」。ぜひ意識してみてくださいね!

まずはお気軽にお問い合せください

▼ 無料体験または資料請求

→お申込みフォームはこちら
→無料体験学習の流れ 体験学習の挿絵

▼ お電話でのお問い合せ

0258-47-12230258-47-1223

お気軽にお電話ください

電話イメージ

▼ その他のお問い合せ方法

フォーム・メールで問い合せも可能です。

→こちらのページをご確認ください。 プロの家庭教師イメージ

↑PAGE TOP